プールは健康な隠れて汗、浮腫尿と消毒剤と混合して発癌性ができます

先週、南京広元市と四川省では、水泳プールの塩素漏れ事故があり、多くの人が体を病院に運ばれて病院に運ばれてくる人が多い.本当のことはどう?見てください議する

専門家!CLは塩素で消毒剤をし、プールで水泳、殘存の塩素は人体にダメージを与えることがあるかどうか関心の問題だ.そしてアメリカの行う一つの最新の研究によると、プールの中の有機物とプールでの消毒剤を混ぜ発生の化合物クロロホルム、発癌性危険.この研究は『環境科学と技術』雑誌に掲載されている.

もちろん、私達もできない噎ぶよりて食を廃すに水泳に行くが、科学的にどのように防ぐ

ですか?

取材専門家:南京66で化学高級教師李群燕

次亜塩素酸は損害の細胞膜

ななしち月26日じゅうよん時45分ごろ、南京江寧区奇跡フィットネス水泳館内に伴って、ひとしきりの刺激臭、一部のスイマー相次いで体調不良を訴え.その後、約60人が病院で治療治療に運ばれ、半分以上が子供だった.

26日22時、四川広元市鳳栖路の1水泳場発生塩素流出事故で、現場に千大衆緊急疎開して、より多くの人が異なるレベルの中毒症状.

一日以内に発生するこの二つの事件、すべて消毒剤と関係がある.我が国の大きなプール一般用塩素、小さなプール一般用漂白剤(主要成分は次亜塩素酸カルシウム)はプールの水で消毒滅菌.

李群燕先生の紹介:塩素水に溶けた後に生成次亜塩素酸や塩酸、塩素殺菌作用、主に次亜塩素酸.次亜塩素酸の体積は小さく、荷電やすく、細胞壁を抜けて、更に重要なのは、それは一種の強い酸化剤、細胞膜を毀損し、蛋白質、RNAやDNAなどの物質を放出する、影響と妨害の多種の酵素係、糖代謝を妨げられて、それによって細菌死亡;塩素ウイルスの作用は核酸の緻死性の損害.

塩素人体への損害と違って、ごく:塩素気道を通じて人体に侵入し、溶解粘膜のくわえた水分に生成次亜塩素酸や塩酸.次亜塩素酸を強く受け組織細胞の酸化 ;塩酸刺激粘膜が炎症性の腫れ、気道の粘膜はむくんで、大量の粘っこい液による分泌、呼吸困難なので、塩素中毒の症状は劇的に咳を明らかに.症状が深刻になった場合、肺水腫、心、肺機能不全で死亡.

は26日、江寧一水泳館ひとしきりの刺激臭後、母親と喉の苦しい時、彼女のさんから激しい歳の赤ちゃんの咳、小顔に膨れて真っ赤に抱かれて、プールの後、赤ちゃんを吐き出す、そして手足非常に冷たい.赤ちゃんはどうして吐き出すのですか?原因は、塩素です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です