ヨガを練習する時に飲食するの浮腫は4つの小さい点を把握して

练習一時間,練習してヨガ一時間,浮腫、練習者は食前第三時間、食後第三時間とヨガ練習を行うことにします.人に一般の3度の食事の時間、現代人の生活と習慣、人々は適切な時間を探し当ててヨガ館やジムに行くヨガ授業を見つけることは難しいです.

に多くの人が朝食前に第三時間で就寝中の七時に朝食は、午前4時、8時に朝食は午前5時、この時に起きてヨガ、大多数は、現代人にとっては不可能のこと、朝食後第3時間が、必ず出勤ました.中華料理は前後3時間、もちろん通勤時間.夕食前第3時間、普通はすべて仕事の上で、夕食後第3時間、ヨガ館とジムはすべて閉鎖しました.

この状況下で練習ヨガの飲食要求を達成し、ヨガ館やジムで練習する時間もあり、仕事の必要はないとしても、仕事の人材は必要にされています.仕事は一家を支える人乱させざるを得ない正常な飲食の時間や習慣として、多くのヨガの練習者からおなかがすいて東西を弁えず.混乱、正常、無規律の飲食、常に性の飢餓、必然的に人体の消化システムの機能に損害をもたらします.

前に練習ヨガの前後2時間も飲食の要求をしないと、一般の要求は一般的な要求だ.せるためにダイエット効果がもっと良くて、また要求练習ヨガ前後3時間は絶対に食に加え、ヨガの一時間、全部で7時間前後を飲まない厳しい食、食べる量を制御して、精進料理を食べて、いわゆるヨガ食.お腹が空いているヨガは、その体力を食べて、食事量と精進料理を制御すると、すぐに体が崩れるようになり、また、その内外で挟撃、やせても難しくはありません.健康に大きな損害を与えている.

pってヨガの時の食事はどう制御するのか把握してね?P1、満腹時にヨガを練習することはできません、飢える時に練習しても練習できない、飢えるがない.

については、練習ヨガの前にどのくらいの食事にならなくても、2時間、3時間で生硬にひとつの限界を漕ぎ.同じ食事を食べると、豪華な食事を数枚の葉が、百八十粒ライス、1小口スープのいわゆるダイエット食、同列に論じてはいけない.前者は消化に消化して、後者はしばらくしてないで.

p3、練習ヨガでも飽きない状態、練習前半時間でパン、チョコレート又は飲み一水、飲み物、牛乳などは問題ありません.(低血糖者は、飢餓状態では、ヨーガにはいけない)

には练習4、練習が終わってから、体が正常に回復して、正常食、半時間で十分です.

pヨガでもヨガ姿勢と同様に、自分の体の声を聞いて,1人の食習慣を尊重しないように尊重し、気持ちを尊重して、気持ちがいいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright 浮腫の情報を扱うブログ 2017
Shale theme by Siteturner