当帰の浮腫食べ方トウキ黒糖茶補血美顔

明代の李時珍《本草綱目》の言い方は:当帰調血、女が薬には,浮腫、夫の意思ので、当帰の名.その解釈と、上記の詩とは一緻が重なる.また、当帰のもうひとつの意味は、宋代陈承《本草」血気どころか雲を各が帰.トウキの名を恐れてから出ても.2つの言い方は平均して、後者はとりわけ適切である.

材料:当帰

じゅういち塊、姜片.

ふりかけ:棗(乾)10粒、クコ子20粒.

黒糖1サイコロ、水2碗.

Pトウキナツメの黒糖茶の作り方:

p> <いち、当帰、赤いナツメは洗ってから、15分液体に浸して,それから一緒に鍋に水で洗浄が倒れ、ショウガは皮をむいては行かない、切片加入鍋の中で;

2、2,大火の焼後、1~20分煮て、自分の甘味の黒糖に適します;

に入ります;

3、糖が溶けてクコに入って、少し煮て2分煮ても鍋に飲んで(2杯量)を出します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です