浮腫改善マッサージ

浮腫には,大きく分類すると,1)全身性浮腫と,2)局所性浮腫があります。全身性浮腫はさまざまな疾患に伴って発症します。健康人でも起立性浮腫が起こります。日常生活では立っているためにむくみが下に落ちる,という,原理としてはもっとも基本となるものです。局所性浮腫に含まれるリンパ浮腫もこの原理から逃れることはできません。

リンパは、絶えずゆっくりとした速度で動きながら、身体の中で生成された老廃物を身体の外に排泄する活動をしています。しかしながら、リンパ循環には、血液循環のようにポンブの役割をする心臓にあたるものがありません。リンパの移動は筋肉や周りの組織が動いた結果、その循環が促されます。その為、心臓から最も遠くて、循環が滞りやすい足は、身体の中でも、むくみやすく、リンパの流れも停滞しがちになります。これからリンパの流れを促すマッサージについて説明します。

リンパの流れを促すマッサージは、一日のうちでもっとも血行がよくなる入浴後にするのがおすすめです。

また、身体の末端から中心に向かって、肌をなでるようにさするのが基本です。太ももの場合は、気持ちがよければ少し強めの圧をかけても大丈夫です。血流だけでなく、血管と寄り添うように全身を流れるリンパの流れも改善するつもりでなでるのがポイントです。肌に摩擦などの刺激を与えないよう、すべりをよくするために、マッサージ用のクリームやオイルを使用するとよいでしょう。

このようなマッサージは、飲酒をした後は避けましょう。また、妊娠中の方や心臓病、糖尿病、高血圧の方なども身体に悪影響を及ぼすことがありますので、主治医の指示に必ずしたがって控えるなどしてください。浮腫は、放置すると悪化する可能性もあるため、その日のうちに解消するように心がけましょう。

Copyright 浮腫の情報を扱うブログ 2017
Shale theme by Siteturner