漢方医の浮腫五臓六腑に何を指すかは

漢方医の養生した

よく口に五臓六腑の重要性、じゃあ、漢方医の五臓六腑とは何ですか?肺臓はどの五臓ですか?六腑はどの六腑?次の文章の紹介を見てみます.

p>の漢方医の核心は<理論についての五臓六腑.いわゆる五臓は、肝、心、脾臓、肺、腎臓の総称で六腑、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦の総称.

五臓

五臓

心は君主の官で、主神は.心主血脈、その華は面.納得がいく.心と舌は五の味を知ることができる.

p>心嚢絡:<れ心膜症は、心臓の週りの小包層衣膜は、膜に分布している明らかな脈絡.護衛心臓、伝導心主命令.

p肝:肝蔵血.主疏泄、調節の精神情志、消化吸収を促進する.肝主筋、その華は爪.納得がいく.かんしゃくを通して,目、肝とは、目がくっきりと五色なり.

P脾:主に運化、主に血、筋肉、四肢.人は口にする.

肺:主ガス、司の呼吸、主宣发、外合毛皮.主粛の恭しい.鼻、肺と、肺と、鼻が知ることができる.喉、声に関係が.(金实ない鳴き、金が破れないナルト).

にして、主に生殖、発育.主に栄養をつけ、暖かい各臓腑の組織.主水.主ナガス.主骨、生髓、脳、その華が発.は耳にする.

こめかみ:部位2腎各一寸五分の間(おへその後ろにはるかに相対的、背骨の上.こめかみは肾阳、『腎無このつまり無を強く出ないし、技巧なり.膀胱無このつまり三焦の息化して好みの水道駄目です;無このことはできません蒸化水穀、五味ないなり、肝胆無このは将軍無決断で出ない大きさ谋虑なり.腸無この変化ではだめで、2閉じなり.この心は気絶しない神、万事はないなり』.

六腑

胆:添付は肝、と肝につながり、共同作用を発揮疏泄や肝.胆嚢内に貯蔵"精汁)″(胆汁).胆汁清浄で、またと呼ばれる"精密の腑)″.臨床の上に,浮腫、臆病で、眠れないこと、多い夢などの証明、常は胆治療.

と胃:横隔膜にある、食道、下小腸、小腸、小腸、小腸、小腸、小腸.点、中、下三部.すらすら読めるを噴門と呼ばれるにかん;口を幽門と呼ばれる、下かん:下かんの間に絡みつく中かん.主要機能は納納と熟腐水に穀.

p小腸:胃には大腸.主な機能は"受け盛)″、"化物)″と"分泌別清濁)″.栄養作用の精華部分を吸収し、脾、五臓、五臓.同時にかすは水の中に浸透液,膀胱、雑檅下送大腸.小腸の機能は、脾の機能においてもよくまとめている.

大腸:上端は小腸、交換場所は欄干門;下端を肛門にします.生理機能は伝潟こまっ計傘ですか/ p>

三焦:上中下の三焦の総称.それは一つじゃない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright 浮腫の情報を扱うブログ 2017
Shale theme by Siteturner