生きているなら、この浮腫木を見てください。

ロディックに送られて集中营前はイギリス軍の1名の自動車の兵が、ナチスがここで輸送の欠如兵、彼はトラックの運転手を持たされ、もっぱら輸送された日々が餓死したり殺害されたイギリス捕虜.実は捕虜の中の輸送兵は多いが、しかし人はナチスのために命をも望みます.この仕事はロディック楽しんで、しかも他の捕虜威服を欲しいままにす、大声で叫骂、をする……もっと腹立たしいのはある捕虜はまだ死んではいない、彼も彼らを詰めて乗車して、ロディック捕虜たちはののしられ売国奴手先.捕虜たちは、ナチスの信頼を得るようになり、輸送にはナチス兵がついて,その後は彼一人だった.れからロディック捕虜たちは憎んで、彼はほとんど他の捕虜を打ち殺して何度.また一度打ち後、彼は永遠に1匹の手を失った.運転できないので、ナチスに無慈悲れ、他の捕虜の報復も受け、やがて孤独に死んでいく.

先日あるイギリス新聞に載ると助けてくれた人は、私が最も憎む人の文章は、文章の作者は、収容所にあるロディックの裏切り者、ナチスの日で、私はまだ死んではいない、彼は私を入れて強制別の戦友乗車準備を埋める.その日はちょうど途中、ロディックは咽頭咽頭息が私を置いて大木の下に何つの黒いパンや水、私に言った:”あなたが生きていることができて、この木を見に来てください.」そして歩いて行く……

物語を発刊した後,新聞社が一ヶ月内接12名イギリス老兵様の電話、おかしいのは彼らはすべて曾在の収容所で、彼らはすべてロディックを大樹の下、ロディックは彼らは言った:もしあなたが生きていることができて、この木を見に来てください.

敏感な編集判断この木はきっと隠された意味があるが、組織13名老兵探しその木は、何十年、穀は、木も.ある老兵は大樹を抱えて考え込んの時、突然1つの木の穴を発見して、また中に見て、1つのすでに生錆びの大きい鉄の箱がある.彼らが数人でよってたかって取り出し箱を開けて、日記と写真が映る.今日、私はまた1人の戦友を救出して、彼が生きていくことを望んで、これは第二十八個になった……きょうは20人の戦友が死んだ……昨日の夜、戦友たちはまた私を打って、私は堅持して、断固として真実を言えないで、私は更に多くの人を救うことができます……刹時、ロディックのすべてを天下に真相が明らかになる .三十三名の老兵は涙を流し、収容所で最も憎む人は大英雄です.によってロディック日記の統計によると,浮腫、彼は全部で36名を捕虜、光も今は13人が生き殘った、彼の日記や偷拍のナチス摧殘捕虜の写真を訴えナチスの証拠であり.

新聞の第1時間はロディックの事績を発刊を出て、ロディック大英雄で、多くの人が自発的に来て木の下慰霊彼は穀.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です