運動+浮腫マッサージ

によっては、みなさんは,お食事の食べ物がたくさんあると考えているということです.実は、腎臓は食品の保養、運動+マッサージも非常に効果的な方法で、更に食品の保養に配合して腎臓にすることができます.以下は小さい編についてちょっと理解してください.

pツボマッサージで4かばい

●もみ丹田:丹田はへそ下一寸~2寸か所、相当石門穴位置.

方法は両手をこすって熱、腹部丹田で30~50回マッサージ.丹田は人のひどい、真精を凝聚して、人体の生命の本.

によって、人体の免疫機能を増強、人体の抵抗力を高めるために、強い腎臓の根本的な目的に達し、健腎臓は精,浮腫、胃腸の機能を改善し,寿命を延ばすことがあります.

●こすって拭いて腰眼:両手をこすって暑い後に腰から、強くこするさんじゅう度.腰を腎の府にこすって拭いて腰眼疎通でき筋脉、腎臓の機能強化.

に腎兪

腎兪穴は第二、三の腰椎間レベルの両側に一寸先、両手をこすって熱を手のひらで降りる回マッサージ50~60度、両側同時又は交替で行う.腎臓に対して腰痛などの予防と治療の作用.

湧水の穴は足心のへこみ、十分に少なくて陰と腎臓の首の穴.

方法は右手で真ん中3、マッサージ左足心、左手で三本指マッサージ右足心、左右交互に行うことで、各マッサージ60~80回~足心発熱まで、強く筋蕅脚ようのぼせが下り、おびえる眠れない、足が弱い無力などの予防と治療の作用.

P以上の方法、順番に行、朝晩各一度、長年絶えず、必然的に効き目がある.

p健腎臓の強い腰の自主トレ法

前方屈曲後:両足を伸ばし、肩の広さと同じ、両手を腰にあてる、そして着実にやって腰の十分な双屈と後伸各ご回~じゅう度.運動する時はなるべく腰の筋肉をリラックスさせて.

交代叩打:両足を曲げ、両足のマイクロ、両腕に自然が垂れて、双は半の拳.まず左に腰、右へ曲がって腰を右折.一方、両腕に向けて腰の左右前後に自然に手を振り、前の後、交代叩打腰背部と下腹部、連続しさんじゅう回ぐらい.

両手は足をよじ登っ:できるだけ仰の最大レベル.稍停ひととき、すぐさま体双屈、両手に陥沒症、できるだけ足手に触れ、稍停、そして元体位.10回10回~15回连続して.

拱橋ベッド式:仰臥ベッドに、力を入れてお尻をつり上げ、拱橋.鍛えの進展につれ、両手を胸に、二足と後頭部を支点(3点支え)で鍛えている.

運動+マッサージを改善することができて、男でも女は腎臓の症状、食と药补配合、腎臓を補ってより効果的にもっと有効.腎臓の友達たちは、このいくつかの簡単なことを試してみたい

Copyright 浮腫の情報を扱うブログ 2017
Shale theme by Siteturner